弁護士に障害等級認定を相談

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故の被害に遭い、後遺症をもたらすことがわかったら、後遺障害等級認定を受けることで慰謝料を大きく請求することができます。慰謝料の問題だけでなく、後遺障害等級認定は、その後の生活を支える保障のために重要な認定です。後遺症をもたらすときは、必ず取得しておきたいのと同時に、適正な等級を取得することを目標にしましょう。後遺症をもたらしたら、後遺障害等級認定は自然とそれなりの等級を取得できるものと思われがちです。

ところが、実際には思うように等級を取得できない人が多いという事実もあります。理由は、一般的な等級の取得方法が加害者側の保険会社に任せる形で進められるため。慰謝料の請求にも関わりますから、加害者側の保険会社は、被害者に高い等級を取得させることを渋ります。

適正な等級の認定より低い等級の取得になってしまった、等級そのものを取得できないことになったなどのトラブルを良い方向に解決するためには、弁護士に力を借りるのが一番です。弁護士の仕事は、得られるメリットを適正に取得するために法律を駆使すること。ですが、そのために必要があれば、診断書を書いてくれる医師と交渉しに病院に付き添ってくれるのも弁護士の仕事の1つです。交通事故の被害に遭い、後遺症を負ったときには、体が不自由で思うように障害等級認定の取得に動けないのが当たり前です。痛みを上手く医師に伝えられないといった困難も、弁護士が手助けしてくれます。だからこそ、交通事故に遭ったら、早めに弁護士に相談することが大切なのです。

About 運営者