慰謝料が低い等級とは

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故被害の後遺症には、障害等級認定を受けることができます。障害等級認定には1級から14級まであり、最も低い等級が14級です。最も低い等級なら認定を取得しやすいと思われがちですが、交通事故による障害等級認定は、14級ですら取りにくいのが現状です。なぜ取得しにくいのかといえば、14級未満の症状では、後遺障害はないとみなされているため。つまり、スレスレのところにあるのが14級なのです。例えば、認定条件の1つである、局部に神経症状を残すなどは目に見えにくく、医学的所見も判別しにくいところ。交通事故との関連性が低いと判断されることもあり、加害者側の保険会社まかせにしていては等級の認定を逃してしまう可能性が高くなります。

障害等級の認定を受ければ、慰謝料の請求額が変わってきます。もっと上の等級と比べれば、14級で請求でき得る慰謝料は低めです。そうはいっても、障害等級認定を取得しているのといないのとでは、慰謝料の請求額に大きな違いが出てきます。後遺症の中では低い等級だからといって、あきらめずに妥当な慰謝料の請求を目指して適正な等級の認定を申請できるように努力すべきです。そのために、力を貸してくれるのが、弁護士です。

About 運営者