適正な等級の認定

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故による障害等級認定は、1級ともなれば有無を言わせぬ効果があります。加害者に慰謝料を大きく請求することができますし、実際に、障害等級認定を取得していることで慰謝料には雲泥の差が出ているのです。障害等級認定は、後遺症に適正な等級を取得する必要があります。当然のことと思うかもしれませんが、交通事故による障害等級認定はどの等級であっても取得が難しいのが現実。特に、判断の境界線が微妙な14級などは、強い意志を持って訴えなければ取得できない可能性が高くなります。

等級を取得しにくい理由は、加害者側の保険会社が等級の取得を行う点にあります。申請書に、細かい症状まで記載がない、診断書に不備があるとして、等級が認定されないこともよくあります。トラブルになりやすく、申請前に入念な準備をしておくことが大切です。14級の場合など、それ以下の等級がないために等級そのものが認定されなかったり、もっと上の等級を申請しても低い等級を認定されてしまったりすることもあります。実際の障害に見合った等級の認定を受けるためには、的確なアドバイスや手続きをサポートしてくれる人が必要です。弁護士の仕事は、交通事故被害者が後遺障害認定を適正な等級で取得できることでもあります。

About 運営者