弁護士への相談時期

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

後遺障害等級認定を取得するためには、いくつもの条件をクリアしなければなりません。通院実績が乏しかったり、症状の一貫性や連続性なども条件の1つだったりします。治る見込みがないと医師が診断するだけでは、条件をクリアするためには不十分なのです。厳密に必要となるのは、5つの条件。中でも、医療機関に定期的に通院していること、症状が一貫して続いていることの2つは、事故当初からでなければなりません。交通事故の被害に遭ったばかりで、これらのことを書面で証明するための頭が働くものでしょうか。仮に付き添いがある被害者でも、障害等級の認定にまで考えがおよびにくいのが現実です。これをサポートしてくれるのが、弁護士です。

早くから弁護士に交通事故被害について相談していれば、後遺障害等級認定や慰謝料の請求について、必要な手続きを現実的にサポートしてくれます。怪我で思うように動けない人に付き添って、医師と話し合ってくれるのも弁護士の仕事です。そもそも、交通事故の被害に遭ったら、法的にどのような手続きが必要になるのか、普通はわからないもの。日頃から弁護士と懇意にしている人ではなくても、無料相談の窓口がありますから、気軽に利用してみることをおすすめします。

About 運営者